2005年06月12日

カーテンやカーペットのにおい消す精油(アロマオイル)

市販で売られている消臭スプレーを精油を使って作ることが出来ます。
消臭スプレーの作り方は、水道水30mlに、アルコールを少し、レモン、ペパーミント、ティートリーを2滴くらい入れ、
スプレー容器に入れ使用前によく振ります。においの気になるカーテンや布製家具に直接スプレーをするとニオイが消えます。
ファブリーズなどのニオイ消しを切らしてしまったときにも使えるでしょう。

2005年06月11日

下駄箱のにおい消す精油(アロマオイル)

酸化して古くなってしまった精油の利用法のひとつとして、
下駄箱のにおい消しがあります。新聞紙に精油を含ませ、
下駄箱にひいておくと、脱臭効果と湿気取りの効果が得られるようです。

2005年06月09日

バスタブと精油(アロマオイル)

簡単にアロマテラピーを楽しむ方法にアロマバス(全身浴)がありますが、これによって、バスルームのタイルの目地などにカビが発生しにくくなります。
ちなみに、アロマバスを詳しく説明しますとアロマテラピー(芳香療法)の中の一つで、精油をお湯に混ぜて入浴しながら、植物のさまざまな効果を得る方法です。
芳香浴の面でも効率がよく、体が温まることによって肌からも成分が浸透しやすくなり、また鼻から脳へと香りが伝わり、神経系やホルモン系にも働きかけるため、心身ともに高い効果が得られます。

2005年06月08日

床そうじと精油(アロマオイル)

床掃除する時は、バケツの水に精油を2〜3滴たらして、
その水で絞った雑巾を使うことで掃除をします。
床によい香りがつき、殺菌効果も得られます。
使う精油によってはワックス効果もあります。

2005年06月07日

洗濯と精油(アロマオイル)

洗濯をするときに精油を利用すると、洗濯物にほのかな香りがします。
また精油の種類によって殺菌作用があるので、
洗濯物の半乾きの嫌なにおいも防ぐことが出来ます。
洗濯層のカビの予防にもなり、お掃除の手間もはぶくこともできます。
すすぎの時、好きな精油を2〜3滴たらします。
ラベンダーグレープフルーツなどがオススメです。
またTVで行っていたのですが、洗濯機のゴミを取るときは、酢を入れて洗濯機をまわしておくとゴミがとれるようです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。