2005年06月09日

バスタブと精油(アロマオイル)

簡単にアロマテラピーを楽しむ方法にアロマバス(全身浴)がありますが、これによって、バスルームのタイルの目地などにカビが発生しにくくなります。
ちなみに、アロマバスを詳しく説明しますとアロマテラピー(芳香療法)の中の一つで、精油をお湯に混ぜて入浴しながら、植物のさまざまな効果を得る方法です。
芳香浴の面でも効率がよく、体が温まることによって肌からも成分が浸透しやすくなり、また鼻から脳へと香りが伝わり、神経系やホルモン系にも働きかけるため、心身ともに高い効果が得られます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。