2005年06月04日

クミンとは(精油・エッセンシャルオイル)

クミンとは、セリ科クミンの植物です。

他にもブラック・クミンというものがあり、独特の香りとスパイシーな風味をもつは、インド料理には欠かせないクッキングハーブ(スパイス)として
使われますが、このブラック・クミンという呼び名はイギリスでの名称で、セリ科のクミンとはまったく違う科に属します。
インドでは、カロンジと呼ばれています。

日本では「馬芹(うまぜり)」と呼ばれていました。
旧約聖書や新約聖書にも登場し、古来から薬用植物として利用されてきました。古代エジプトでは、ミイラをつくるときの防腐剤に利用したといわれています。
独特の強い芳香と辛み、苦味があり、おもにカレー粉の材料として利用されています。カレーの香りはこのクミンが中心で、チリパウダー、チャツネなどの原料にも用いられています。
効能は香りから消化液の分泌を促し、食欲増進、消化促進などの働きがあります。
またミイラづくりに用いられるほどの強い抗酸化力は、肝機能を強化し、体を老化から守って免疫力を高める作用があると言われています。

実際にクミンのエッセンシャルオイルを探すと以下のようなものがあります。
Herbal Life クミン 3ml

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。