2005年06月03日

キャロットシードとは(精油・エッセンシャルオイル)

キャロットシードはセリ科の植物でエッセンシャルオイルの原料植物となるDaucus carotaは、ニンジンの一種で、
1.5メートルほどにも生育する種類のもので、食用には適していません。
土の匂いと草の香りが混ざり合った香りで心労を取り去るのに役にたちます。

うぶ毛のある柔らかい葉をつけ、白色に近い淡い黄色の花を咲かせます。

特殊な成分を含むため特定の治療(肝・腎の機能向上)に使用されることが多く
ヨーロッパではウイルス性肝炎の治療目的に長期投与を行ない大きな成果をあげているという報告があります。

実際にキャロットシードのエッセンシャルオイルを探すと以下のようなものがあります。
カリス 5mlオイル キャロットシード
LANDEL キャロット シード 12ml
DR.エバーハルト キャロットシード
Herbal Life キャロットシード 10ml

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。