2005年05月15日

アニスとは(精油・エッセンシャルオイル)

セリ科の植物で、学名を「Pimpinella anisum」と言います。
花言葉は「力」でハーブの葉は、鮮緑色でセリ科特有の清涼な芳香があります。夏に咲く白色の小さな花を咲かせ、その後に実らせる褐色の種子がスパイスでアニスシードです。鮮烈な香りと甘味があり、他のハーブの香りを表す際に「アニスのような香り」と例えられる程、独特な芳香です。
効用として種子には消化促進、整腸効果があり、特に腸内ガスの緩和作用が強く、ヨーロッパでは「アニスの実をかむとゲップがでない」と言われています。他にも去痰作用、弛緩作用があり気管支系の疾患を鎮める作用があります。また、一部の女性ホルモンと同様の働きを持つ成分が含まれており、産後の身体のバランスをとる効果があります。精油には虫が嫌う香りの成分が含まれ、ノミやダニの防除に効果的です。
アニスの使われ方としては、完熟する前に収穫した種子を乾燥させて利用します。種子は丸ごと砕いて用いますが、粉状にするとすぐに香りがとんでしまいます。ケーキ、クッキーなどのお菓子類、カレー、スープ、シチュー、ピクルスと様々な料理に利用できます。若葉はサラダやスープに、根茎は煮込んでスープやシチューに用います。
ハーブティーは薬用として用います。民間療法では風邪薬として利用されています。
よく混同されるハーブに「スターアニス」がありますがこれは、別物です。またアニスは妊娠中は使用しない方がよく、わずかに毒性があるため、多量に使用したり、長期間続けて使用しないことなど注意も必要です。

実際にアニスのエッセンシャルオイルを探すと以下のようなものがあります。
Herbal Life アニスシード 3ml
Palm Tree アニスシード 5ml

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。