2005年05月04日

メディカル・アロマテラピーの対象となる症状

前回、メディカルアロマテラピーの説明をしましたが
実際にメディカルアロマテラピーが活用される症状として
以下のようなものがあります。


・風邪やインフルエンザ、気管支炎
・花粉症などのアレルギー疾患
・アトピー性皮膚炎、その他皮膚病
・産前・産後、月経困難症、月経前緊張症、更年期障害
・心身症
・不眠症、パニック障害
・高血圧、糖尿病、肥満症などの生活習慣病
・肩こり、腰痛、関節痛、筋肉痛など痛みを伴う症状
・時差ボケなどのリズム障害
・便秘などの胃腸障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。